歴史

2001年6月

任意団体「おびひろ地球村」を設立。

 

2001年~2004年

地球環境セミナーや講演会を主催

地球環境関連公開質問状作成やエコクッキングの開催

キャンドルナイト呼びかけ

環境紙芝居「南極ぺんちゃんの地球があっちっち」発表

ザンビアの子供達へ市民提供の古着を贈呈など

生活に密着した活動や啓蒙活動を行った。

 

2005年5月

任意団体「スローウェーブすんく村」に名称変更。

 

2005年~2008年

電気を使わないスローライフ体験ツアー安心安全の食の講習会

縄文人体験会などを開催、BDFの普及活動を開始

ドキュメンタリー映画「不都合な真実」上映活動

ひまわりの栽培から油になるまでを体験するひまわりプロジェクト実施

地産地消の推進活動開始

安心安全食材の紹介活動

十勝内の有機野菜販売所マップ作成

「ガイアナイト in とかち 2008」主催

帯広市環境交流会とかちecoまつり共催など

生活に密着する活動をベースに、行政や企業とも協力・協賛する活動へと展開してきた。

 

2009年4月

「NPO法人 スローウェーブすんく村」として認定される。

 

2009年以降の活動については活動内容のページへどうぞ。

 

最終更新 ( 2011年 5月 17日(火曜日) 13:32 )